スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセス回線の種類と特徴

今日は主なアクセス回線の種類と特徴について記載する。

アクセス回線とは
各家庭や事業所のネットワークと、通信事業者のネットワークとを
結ぶ回線部分のことを、アクセス回線という。
対して、事業者の拠点間や事業者間を結ぶ回線は、
「基幹回線」「バックボーン回線」などという。


■アナログモデム接続(電話回線)
既存の電話回線に、そのまま通信データを流す方式。
「モデム」と呼ばれる機器で、デジタルデータをアナログデータに
変換し、電話回線を利用して通信を行う。
(電話回線にデジタルデータは流せない)

インターネットへの接続には「ダイヤルアップ接続」を利用する。
これは簡単にいうと、最寄の通信事業者の通信局に電話をかけ、
電話からの音声データの変わりに、他のデータを送信しているだけである。
当たり前だが、接続中は電話を利用できなくなる。

契約によるが、インターネット利用料の他、電話代が発生する。


■ISDN
電話もデータ通信もデジタルデータで行う方式。
通信を全てデジタル化しようという思いで作られた。
家庭で利用する場合、電話回線(通常はアナログ回線)を
デジタル回線に切り替える必要がある。

接続方法は、アナログモデム接続同様「ダイヤルアップ接続」だが、
データ通信用の回線が2本用意あるため、インターネットを利用しながら
電話を利用することが出来る。

電話もデジタルデータを利用することになるため、
音がクリアになり品質が向上する。


■ADSL
一時代を築いた通信技術。
既存の電話回線網を利用するため、大掛かりな工事は不要。
「ADSLモデム」と呼ばれる機器で、デジタルデータをアナログデータに
変換し、電話回線を利用して通信を行う。
(電話による通話では利用しない、高い周波数帯に変換する)

「ADSLモデム」とインターネットの間には、さらに「スプリッタ」と呼ばれる
機器が接続され、電話による低周波帯の通話データは電話へ、
データ通信用の高周波帯のデータは「ADSLモデム」へ、より分けている。
よって、接続中も電話を利用できる。

また、下り回線用帯域(受信用)を、上り回線用帯域(送信用)より大きく
割り振っているのも特徴である。
これにより、ユーザが頻繁に行うWeb閲覧やダウンロードを高速に行え、
体感速度を向上させている。
逆に、サーバなどでは期待したほどの速度が出ない場合がある。


■CATV
CATV(ケーブルテレビ)用の回線を利用し、
インターネットへ接続を行う方式。

通信方法はほとんどADSLと同じで、「CATVモデム」と呼ばれる機器で
CATV用回線で送信できるようにデータを加工し、「混合分配機」で
TVデータと通信データを分離させる。

ADSLより高速だが、日本ではCATV加入者が少なく、FTTH(後述)の
低価格化・高速化により、あまり普及しなかった。


■FTTH
「Fiber To The Home」の略。
光ファイバーを家庭に引き込む方法。

PC等が出た通信データは、イーサネットによりONU(回線終端装置)へと
送信され、ONUで光信号へと変換される。

マンション等の集合住宅では工事が出来ない可能性があるなど、
少々敷居が高いが、次世代通信の大本命である。


★オマケ

■電力線通信
ADSLは、既存の回線を利用して高速な通信を行うための技術である。
それと同じ思想で開発されたのが、電力線通信である。

電力線とはいわゆる電線のことで、まず間違いなく敷設済みのため、
特別な工事なしに通信が可能である。
機材をコンセントに差し込むだけで利用可能で、
なおかつ速度も最高で数百Mbpsとかなり高速。

スペック的には魅力的な技術だが、下記のデメリットがあり、
現在日本では、アクセス回線としては使われていない。
  ・漏洩電波が大きい
  ・ラジオ等の無線通信や、医療機器等の障害となる可能性がある
  ・モーターを利用する家電などがあると速度が落ちる

代わりに、室内でLAN構築を行う用途(ブリッジ)で利用されている。

電線が地下に敷設してある国では、WANとして実用化している
国もある。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。